本文へスキップ

小学校理科教育法 演習問題HEADLINE

第6学年の目標
(1) 燃焼,水溶液,てこ及び電気による現象についての要因や規則性を推論しながら調べ,見いだした問題を計画的に追究したりものづくりをしたりする活動を通して,物の性質や規則性についての見方や考え方を養う。
(2) 生物の体のつくりと働き,生物と環境,土地のつくりと変化の様子,月と太陽の関係を推論しながら調べ,見いだした問題を計画的に追究する活動を通して,生命を尊重する態度を育てるとともに,生物の体の働き,生物と環境とのかかわり,土地のつくりと変化のきまり,月の位置や特徴についての見方や考え方を養う。


A 物質・エネルギー

(1) 燃焼の仕組み
物を燃やし,物や空気の変化を調べ,燃焼の仕組みについての考えをもつことができるようにする。
ア植物体が燃えるときには,空気中の(   )が使われて(    )ができること。
(2) 水溶液の性質
いろいろな水溶液を使い,その性質や金属を変化させる様子を調べ,水溶液の性質や働きについての考えをもつことができるようにする。
ア水溶液には,(    ),(     )及び(    )のものがあること。
イ水溶液には,(    )が溶けているものがあること。
ウ水溶液には,(    )を変化させるものがあること。
(3) てこの規則性
てこを使い,力の加わる位置や大きさを変えて,てこの仕組みや働きを調べ,てこの規則性についての考えをもつことができるようにする。
ア水平につり合った棒の支点から等距離に物をつるして棒が水平になったとき,物の(    )は等しいこと。
イ力を加える位置や力の大きさを変えると,てこを傾ける働きが変わり,てこがつり合うときにはそれらの間に(     )があること。
ウ身の回りには,てこの規則性を利用した(    )があること。
(4) 電気の利用
手回し発電機などを使い,電気の利用の仕方を調べ,電気の性質や働きについての考えをもつことができるようにする。
ア電気は,つくりだしたり蓄えたりすることができること。
イ電気は,(   ),(   ),(   )などに変えることができること。
ウ電熱線の発熱は,その(    )によって変わること。
エ身の回りには,電気の(    )や(    )を利用した道具があること。

B 生命・地球
(1)人の体のつくりと働き
人や他の動物を観察したり資料を活用したりして,呼吸,消化,排出及び循環の働きを調べ,人や他の動物の体のつくりと働きについての考えをもつことができるようにする。
ア体内に酸素が取り入れられ,体外に二酸化炭素などが出されていること。
イ食べ物は,口,胃,腸などを通る間に(    ),(    )され,吸収されなかった物は排出されること。
ウ血液は,心臓の働きで体内を巡り,(   ),(   )及び(     )などを運んでいること。
エ体内には,生命活動を維持するための様々な(     )があること。
(2) 植物の養分と水の通り道
植物を観察し,植物の体内の水などの行方や葉で養分をつくる働きを調べ,植物の体のつくりと働きについての考えをもつことができるようにする。
ア植物の葉に日光が当たると(    )ができること。
イ根,茎及び葉には,水の通り道があり,根から吸い上げられた水は主に葉から(    )していること。
(3) 生物と環境
動物や植物の生活を観察したり,資料を活用したりして調べ,生物と環境とのかかわりについての考えをもつことができるようにする。
ア生物は,(   )及び(   )を通して周囲の環境とかかわって生きていること。
イ生物の間には,(          )という関係があること。
(4) 土地のつくりと変化
土地やその中に含まれる物を観察し,土地のつくりや土地のでき方を調べ,土地のつくりと変化についての考えをもつことができるようにする。
ア土地は,礫(れき) ,砂,泥,(    )及び(    )からできており,層をつくって広がっているものがあること。
イ地層は,流れる水の働きや火山の噴火によってでき,(    )が含まれているものがあること。
ウ土地は,火山の噴火や(    )によって変化すること。
(5) 月と太陽
月と太陽を観察し,月の位置や形と太陽の位置を調べ,月の形の見え方や表面の様子についての考えをもつことができるようにする。
ア月の輝いている側に太陽があること。また,月の形の見え方は,太陽と月の(     )によって変わること。
イ月の表面の様子は,太陽と違いがあること。

燃焼の仕組み
1 酸素が他の物質と結びつくことを何というか。
2 酸化のうち,特に熱や光を激しく出す反応を何というか。
3 スチールウールを放置するとさびてくるが,さびの主な成分は何か。
4 スチールウールなどが酸素と化合すると質量はどうなるか。
5 木炭などの有機物を燃焼させると,発生する2種類の物質は何か。
6 空気を補給しないで割りばしなどを蒸し焼きにすることを何というか。
水溶液の性質
7 青色リトマス紙を赤色に変える水溶液は,何性の水溶液か。
8 中性の水溶液では,BTB溶液は何色になるか。
9 アルカリ性の水溶液にフェノールフタレイン溶液を入れると,何色になるか。
10 食塩水は何性の水溶液か。
11 アンモニア水は何性の水溶液か。
12 砂糖水,エタノール,塩酸,石灰水,ホウ酸水,過酸化水素水のうち,中性はいくつあるか。
13 酸と塩基が反応してお互いの性質を打ち消す反応を何というか。
14 NaOH + HCl → NaCl +(    )    (    )の中には何が入るか。
てこの規則性
15 てこで,加えた力がはたらく点を何というか。
16 くぎ抜き,西洋ハサミ,缶切りなどは,第何種のてこに分類されるか。
17 栓抜きは第2種のてこであるが,支点,力点,作用点はどのような順で並ぶか。
18 第3種のてこには,どのような道具があるか。
電気の利用
19 電磁誘導を利用して,ハンドルを回し電流を連続して得られるようにした装置を何というか。
20 電気を蓄えることができる装置を何というか。
21 同じ長さのニクロム線では,太いものと細いものとどちらが電流が流れやすいか。
22 同じ電圧では,ニクロム線の抵抗が大きい場合と小さい場合とどちらが発熱量が大きいか。
ヒトの体のつくりと働き
23 肺では気管支の先に小さな袋状の粒が多数あり,ガス交換をしている。この粒を何と言うか。
24 空気を吸うとき,ろっ骨は上がるが,横隔膜はどうなるか。
25 肺で呼吸する動物の仲間は何か。(両生類は成体は肺呼吸)
26 魚類は何で呼吸をするか。
27 食物中の養分を分解して,体の中に取り入れやすい物質に変えることを何というか。
28 消化液に含まれ,養分を分解するはたらきを持つ物質を何というか。
29 だ液に含まれるアミラーゼは,デンプンを何に分解するか。
30 デンプンの検出に用いられ,デンプンがあると青紫色を示す試薬は何か。
31 糖の検出に用いられる試薬は何か。
32 タンパク質は最終的に何に分解されるか。
33 脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解され,再び結合するが,柔毛のどこから吸収されるか。
34 たん汁は脂肪の消化を助ける消化液で,たんのうに蓄えられているが,どこで作られるか。
植物の養分と水の通り道
35 緑色植物がCO2とH2Oを原料に,光エネルギーによって有機物を作るはたらきを何というか。
36 光合成は葉の細胞の何というところで行われるか。
37 葉に含まれる緑色の色素を何というか。
38 根から吸収した水と養分の通り道を何というか。
39 葉で作られたデンプン(糖)の通り道を何というか。
40 イネやトウモロコシのように,維管束が散在する植物を何というか。
41 ホウセンカやヒマワリのように,維管束が輪に並ぶ植物を何というか。
生物と環境
42 ある地域の生物とそれを取り巻く環境を何というか。
43 被食者と捕食者のつくる食う食われるの一連のつながりを何というか。
44 緑色植物のような,光合成によって無機物から有機物を作る独立栄養生物を何というか。
45 生産者が生産した有機物を直接または間接に取り込む従属栄養生物を何というか。
46 生産者や消費者の枯死体,排出物などの有機物を分解する分解者はどのような生物か。
土地のつくりと変化
47 地層のできた時代を知るのに役立つ化石を何というか。
48 地層がたい積した環境を知るのに役立つ化石を何というか。
49 三葉虫やフズリナは,何という地質時代に生息していたか。
50 アンモナイトは,何という地質時代に生息していたか。
51 流紋岩,安山岩,玄武岩のように,地表付近で急に冷え固まる火成岩を何というか。
52 花崗岩,閃緑岩,斑レイ岩のように,地下深くでゆっくり冷え固まる火成岩を何というか。
53 深成岩は,偏光顕微鏡で観察するとどのような組織になっていることがわかるか。
月と太陽
54 太陽の大きさは地球の109倍であるが,地球からどれくらい離れているか。
55 太陽は水素とヘリウムが主成分であるが,表面温度は何度くらいか。
56 月は地球からどれくらい離れているか。
57 地球の周りを回る月のように,惑星の周りを回る天体を何というか。
58 月の表面にあり,隕石の衝突跡と推定される凸凹した穴を何というか。
59 太陽の周りを回る軌道上の8つの惑星のうち,内側から4番目の惑星は何か。
60 太陽のように自ら光を出して光る天体を何というか。

その他へ戻る