北海道教育大学旭川校
地域環境教育課程(北方自然環境分野)のページ

平成18年度(2006年度)からの学生募集は本大学再編に伴い中止となりました
(更新 2006/3/4)


1999年4月〜2009年3月(10年間)
今まで1期生から4期生まで卒業(
4期生は卒業見込み)した。

日本最北の国立大学(教育学部)に,自然大好き人間がたくさん集まった。

自然豊かな旭川の地のもと,
自然科学の知識を深め,理科教員免許を取得し,
北海道の自然を調査研究しよう。 

   旭川市近文清掃工場見学 自然環境実習/忠別川 自然環境実習/大雪山  

地域環境教育課程について
「第19回日本教育大学協会研究集会報告集,2004」
北海道教育大学旭川校・地域環境教育課程−6年の歩みと今後に残るもの−」(pdfファイル:5.2MB
「第19回日本教育大学協会研究集会」(平成16年10月9日(土),北海道教育大学旭川校にて開催)。

   学生のことば(1期生から)
           学生のことば(3期生から)
           大学案内から(3期生から)


主な授業科目> 生態学概論・地域環境論・環境教育・環境物理学・環境化学・環境生物学・環境地学・自然環境実習・自然環境実験・北方圏自然環境科学・環境情報演習など。
 自然環境実習では,本学の大雪山自然教育研究施設をベースとして,大雪山の火山観察や植物観察の野外実習を行い,大雪山をフィールドに研究していく基礎を築きます。 学生とともに歩く大雪山「自然環境実習」PDF

自然環境実習は,2004年度から野外実習1と2に分け,さらに充実させていきます


2004年度 履修基準表(新)          地域環境教育課程コース専門科目(旧)  
2004年度環境科学実習(1年次必修科目) 2005年度環境科学実習


新入生合宿研修
2005年度
2004年度
2003年度 (03/4/16-17) 
2002年度 (02/4/16-17) 
2001年度 (01/4/18-19)


五月祭   ゼミ活動


学士論文
 本課程では卒業論文の指導に力を入れています。卒業論文の研究を通して,文章力・発表能力・科学的思考力が身につき,自ら考え行動することができるようになるからです。

2005年度 学士論文発表会 (2006.2.23) 卒論発表祝賀会/卒業式祝賀会
2004年度 学士論文発表会 (2005.2.23) 卒論発表祝賀会/卒業式祝賀会
2003年度 学士論文発表会 (2004.2.19) 卒論発表祝賀会/卒業式祝賀会
2002年度 学士論文発表会 (2003.2.20) 卒論発表祝賀会/卒業式祝賀会


談話会
 進路セミナー 2003.5.23
 講演 中国の自然と環境「中国東北部の湿地の現状について」 橘教官 2003.6.6
 
進路セミナー 2003.12.12
 
海外環境報告 2004.4.9  「ドイツ・デンマーク・フランスにおける環境事情」2年生4名
 
進路セミナー 2004.10.29 「講演:NPO法人ねおす/大雪山自然学校 荒井一洋氏」,1期生公務員試験合格談 
 
最終講演   2005.1.28  「北海道の湿原と保全」 橘ヒサ子教授



スタッフ(1999.4- )
 小黒  貢(物理学・物性物理学)(今年度/定年退職予定)
 松田 禎行(化学・分析化学)
 橘 ヒサ子(生物学・植物生態学) 1北海道の湿原 2北海道の湿原と植物 (2004年度・定年退職)
 西川 恒彦(生物学・植物分類学)
 柳田 欣作(生物学・動物分類学)(2002年度・定年退職)
 和田 恵治(地学・火山岩石学) フィールドガイド日本の火山3「北海道の火山」

課程主任
 
1999/4〜2001/3 西川,
 2001/4〜2003/3 松田,
 2003/4〜2005/3 和田,
 2005/4〜2007/3 松田,
 2007/4〜2009/3(未定)



旭川地域環境会(地域環境教育課程同窓会)
2003年4月に発足し,会報は11月で第5号となり,OB会なども行われています。


本課程に関するご質問・ご意見は,wada@asa.hokkyodai.ac.jp にどうぞ

北海道教育大学旭川校トップページへ

大雪山自然教育研究施設ホームページへ