地学ニュース 

地学教室のできごと      


1998年

8月6日に,地学ゼミ同窓会の実技研修で旭岳の地質見学を行う.雨がときおり降るあいにくの天気であったが,10名の同窓生の方々が参加し,帰りは大雪山自然教育研究施設で入浴してくつろいだ(地学同窓会の黒田さんのページ).

地質巡検(7/31-8/2)が終わる.参加者7名.今年は充実してたなー.(98/8/4)

札幌国際大学教授の加藤誠先生による集中講義「地史古生物学」が7月27日から30日まで開かれた.受講生は9名.

地学修士論文中間発表会.
一人持ち時間40分で午後3時から5時まで地学第1学生実験室で開かれた.
発表者は,鈴木右京:タスマニアの玄武岩,伊藤和俊:変光星の観測,吉村亮:恒星の分光学.(98/7/10)

フレンドシップ事業による教養科目「こどもと触れあう自然と歴史」で8/4に留萌・小平町で行う「星と友だち」を担当.M2伊藤君が星座めぐりラリーを企画.6/18には星の話とラリーの説明,6/29には嵐山スキー場で受講学生のための星見会を行った.星めぐりは楽しい.この日は人工衛星と流れ星もみえた.(98/6/30)

4年生の教育実習が終了.(98/5/29)

三年生の教育実習校が決まる.
伊藤 新富小  河野 末広北小  住友 青雲小  長谷川 新町小
花井 啓明小  遠藤 比布中  神 附属中

五月祭終了.11月の大学祭も連動してこの時期にやればよいのに.

天体ドームの望遠鏡の改装終わる.赤道儀架台とCCDカメラが新しく設置され,コンピュータ制御が可能になる.

地学院生室に,演習室からMacintoshを1台移動.(98/4/14)

地学教室に6名の新入生が配属される.(98/4/7)

4月6日,入学式.静かだった大学もまた若者のざわめきが.


卒業式,地学4年生9名,旅立つ.(98/3/20)
卒業式のあとに,体育館で祝賀パーティーがなごやかに行われた.
今日の主役は地学3人娘.

旧合併処理棟の改修工事のため地学教室の物品を整理・運搬.院生と4年生に協力してもらう.(98/3/18)
4年生は最後のご奉公?.一仕事のあとは演習室でケーキとコーヒー.櫻井先生ごちそうさまです.

EPMA,冷却水循環装置を設置.(98/3/10)

櫻井教授,NHKテレビの「サイエンスアイ」に登場.
2月21日(土)午後11時からの教育テレビ「サイエンスアイ」でサンピラー現象が放映されました.そのメカニズムや氷晶について知識・データを提供しました.電子顕微鏡できれいに写しだされた氷晶核が印象的でした.
司会者の三井ゆりさんも感動していたね.

地球物理実習.4年生,大雪山自然教育研究施設で2泊3日の実習を行う.(98/2/18-20)旭岳の雪は美しい.鍋とすきやきにも大満足.

卒業生の追い出しコンパが,昨年と同じ豪華なホテルを会場に,写真撮影のあと宴に入りなごやかに行われた(2/16,18:30-21:00).

卒業論文発表会(2/16,10時半〜12時45分まで)終了.
どのくらい時間をかけて真摯にやったか,見ているとだいたいわかるなあ.

卒業論文,提出締め切り日.(98/1/30)
みんな無事提出.

2年生の所属が決まりました.(98/1/29)
気象 遠藤・河野  天文 神・花井  火山 伊藤・住友・長谷川

卒論・修論の提出がせまってきたので,地学演習室のコンピュータは大繁盛.

恩師を囲む地学同窓会.(98/1/10)

新年.
地学教室は静かだった.(98/1/5)


1997年

地学演習室にコンピュータ(Power Mac 6100/66)追加.(97/12/1)
2台になったので,混雑解消?

11/21,昨年の雌阿寒岳小噴火から1年.NHKテレビ「情報プリズム北海道」で,雌阿寒岳の噴火史にかんする研究成果が特集番組として放映されました.
みんな見てくれたかな.

地学学生用掲示版にインターネットを利用した天気図掲載されるようになる.

旭川市博物館の向井さんが基礎地学実験・地学実験の地質を担当.
ごくろうさま.野外巡検が多くて,学生は楽しんだようです.

大学院の試験終了.地学では2名合格(安田君・濱谷君).
二人とも期待しています.

教員採用試験二次,教育実習が終了し,後期授業はじまる.

集中講議 地質巡検(7/28-30)天体力学(7/31-8/3)

EPMA,DPポンプから水漏れ,深さ数cm浸水で廊下も水浸し.(97/7/14) お先真っ暗になったが,今は回復.

教員採用試験一次(97/7/6)
みんなの感想は,「日頃からの精進が大事」. 

3年生の教育実習校が決まる.(97/6)
有沢 高台小 植田 近文小 加藤 東神楽小 工藤 東栄小
国分 末広小 竹内 附属小 浜松 永山南小 湊  比布中