火山巡検-4



パエロア(Paeroa)断層崖。総変位量は500mを越える。



1800年前のタウポ火砕流堆積物。噴出源から65kmの距離。谷埋め型。



同じ露頭。ギャンブル先生による軽石についての説明。右はルース。



フカ滝(Huka Falls)。タウポ近郊,ワイカト(Waikato)川が流紋岩質火砕岩の渓谷を流れる。観光地。



ワイラケイ(Wairakei)地熱発電所。タウポ近郊。1958年から発電。

4日目終了。タウポのホリディパークに泊まる。
この日の夕食は,fish&chipsだ。またまたアルコールの買い出し。
5日目。



オルアヌイ(Oruanui)火砕流堆積物。約22000年前のタウポカルデラからの噴火。」字型の部分は谷を埋めた降下火砕物および二次堆積物。その最上位に1800年前のタウポ火砕流堆積物。


続きを見る (to be continued)