大雪山は地球からの贈り物
**いろいろな火山現象が見られる**

まとめ

1. 大雪山は100万年の歴史をもつ火山で,多数の火山体からできている.この中で旭岳はもっとも新しく,日本に83ある活火山のうちの1つである.

2. 大雪山の噴火史のクライマックスは3万年前のお鉢平火砕流の噴出である.この火砕流の体積は5〜8 km3,重さ100〜160億トンに及び,噴火マグニチュードは6.0〜6.2の大噴火であった.この時に発生した二次泥流は旭川にも相当量堆積したに違いない.

3. 旭岳は多数の溶岩を噴出させたが,数千年前から爆発的な活動に変化し,およそ600年前には水蒸気爆発による岩なだれがおこり地獄谷火口ができた.