摩周火山

屈斜路カルデラ

 カルデラの大きさは径およそ24kmで,九州の阿蘇カルデラより大きい.カルデラの周囲には広大な火砕流台地が分布する.屈斜路カルデラの形成後,カルデラ内やカルデラ壁に中島火山・アトサヌプリ火山摩周火山が生じた.摩周火山の南東4kmに西別岳火山,さらに11km南東に小さなスコリア丘も存在する.

 屈斜路カルデラ内のアトサヌプリ火山,右上に屈斜路湖その後方は藻琴山

摩周カルデラ

 屈斜路カルデラの東壁上に噴出した摩周火山は,長径およそ7kmのカルデラをもつ成層火山です.摩周湖をたたえるカルデラができる前は,富士山型の円錐形の成層火山が存在していたと考えられています.およそ7000年前に降下軽石や火砕流の爆発的噴火が連続的におこり,そのため円錐形の山頂部が破壊されたのです.カルデラ内壁には成層した溶岩が露出しています.

摩周カルデラ,左斜面はカルデラ西壁

 火山の裾野には,何回もの噴火により堆積した噴出物が何層も積みかさなっているのが観察されます.摩周火山の山麓には,こうしたテフラが成層しておりその噴火史を読みとることができます.

摩周火山東麓にみられるカルデラ形成期の降下軽石層



 摩周火山の生いたちは,成層火山形成期(1万数千年前〜1万年前)・カルデラ形成期(9千年前〜7千年前)・中央火口丘形成期(4千年前〜1千年前)と大きく3つの形成期に分けることができます(Katsui et al.,1975:勝井,1983).噴火のクライマックスはおよそ7千年前におこった総噴出量11立方kmの爆発的大噴火でしょう.降下火山灰(Ma-j層と呼ぶ),降下軽石(下位からMa-i層・Ma-h層・Ma-g層),火砕流(Ma-f層)が短時日のうちに噴出しました.これらの噴火で摩周カルデラができました.
摩周湖中央にカムイシュ島が見える.
その向こう側にカムイヌプリ火山

 3000年あまりの休止期の後,摩周火山では,カルデラの東壁上で新しくカムイヌプリ火山ができました.また摩周湖の中央にあるカムイシュ島はこの時期に生じた溶岩円頂丘です.カムイヌプリでは,およそ1000年前にも大きな軽石噴火がおこり,山頂に径1kmの火口ができました.

山頂に大きな火口をもつカムイヌプリ火山

文献:
勝井義雄(1983)摩周カルデラ.月刊地球44,122-126.
Y.Katsui, S.Ando, K,Inaba (1975) Formation and magmatic evolution of Mashu volcano, east Hokkaido, Japan. Jour.Fac.Sci.,Hokkaido Univ. Ser.4, 16, 533-552.

(97/5/27)


和田研究室ホームページに戻る