しし座流星群現る?

 1998年11月18日の早朝,「しし座の流星群」が見られるのではないかと期待された.しかし,ここ旭川では雪がちらつき,私もあきらめて寝てしまった.ここでは,「しし座流星群」について,簡単に説明しようと思う.

 「しし座流星群」は、テンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)を母彗星とす る流星群で、毎年11月17、18日頃をピークに数日間流星を出現させる。では,なぜ今年騒がれるのか?それは,約 33年を周期として流星の数が増大するからである.その数は,1時間に肉眼で数10〜数100個見えるらしい.

 今年見れた人も見えなかった人もすばらしい可能性があります.流星出現の可能性が大きいのは今年だけではない。1966年の大出現から33年目 に当たる来年の1999年もかなりの出現が期待される。今年よりも来年の方が条件が いいと考えている研究者も多い。そして、来年もっとも観測に適すると考えられている 地域はヨーロッパである。


 地学情報へ

 浜谷のホームページへ