アグルチネート

 主としてスコリア質の火山礫や火山岩塊,火山弾などからなる火砕岩.火口から高温の粘性のやや低い多孔質岩片が放出され,それらが堆積して軽度に溶結して生ずるものが多い.古くは岩さい集塊岩と呼ばれた.アグロメレート(凝灰集塊岩)に比べて細粒基地が少なくない.