形成史


 大雪山火山群は新旧多数の火山体から構成されています.大雪山火山群は形成年代から古期・中期・新期に大別されます.

 洪積世初期〜中期にかけて玄武岩質安山岩の噴出が始まり,ついで安山岩の噴出が行われ,高根ヶ原や赤岳・永山岳・上川岳などの古期成層火山が形成されました.