志比内


 


 道道212号線を通っていくと志比内橋に出ます.ここは旭岳まで23km,天人峡まで17kmを残す地点です.前方には大雪山の山並みと十勝岳の様子,右には170〜200万年前のものと思われる火砕流台地を見ることができます.また,左には忠別川の軽快な流れを見ることができます.

 志比内の街の様子は,旭岳に向かって右側は志比内小学校などの建物や畑が多く見られます.それに対して左側は水田が多く見られます.また,街を囲むように170〜200万年前のものと思われる平坦な火砕流台地がそびえています.ここから2.5kmほど走ると170万年前に溶結してできた露頭があり,細かい柱状節理が発達しています.


地形図に戻る