5.板状節理の安山岩

 右の写真は板状節理の安山岩である.新版地学事典によると,板状節理は節理面が互いに平行に発達し,それらによって分離された岩塊が板状に見える場合,その節理のことを言い,火成岩では冷却時に形成されるとのことだ.  また,この辺りから裾合平溶岩の表面地形を見ることが出来る.

6.地滑り地形                      

 この付近にも雪渓が残っている.大塚,小塚を目の前に仰ぎ,中岳も見ることが出来る.辺りにはハクサンボウフウやチングルマが美しく咲いている.右の写真から分かるように,写真中央付近が地滑り地形であるように見える. また,周囲で聞こえる水の流れる音が登山の疲れをいやしてくれそうである.

7.裾合平溶岩

 右の写真は裾合平溶岩の様子である.特徴は表面がゴツゴツしていること及び小高いところと低いところがあることの2つである.また,周囲にはチングルマが咲いている.      ここより200m位歩くと裾合平の分岐点に到着する.まだ先は長いのでここで休憩するのがベストであろう.

8.裾合平の泥流

 裾合平の泥流は大塚,小塚に沿って曲がっている.そして,その後旭岳の泥流,火山灰,サージが流れてきたものと考えられる.