1996 地質巡検

1日目  7月24日(水)

雌阿寒岳の爆発的噴火を知る

午前8時30分     大学を出発
午後1時30分  〜 午後5時
     火山の山麓(火口遠方)に分布する火砕堆積物 

stop 1.ステージ噴出物(中マチネシリ火砕噴火)
    降下スコリア軽石層(プリニアン噴火)とその上下の地層

stop 2.阿寒富士の火山灰(降下スコリア層)

stop 3.ステージ噴出物(中マチネシリ火砕噴火)

stop 5.フレベツボッケと雌阿寒岳遠望(時間と天気による)

午後5時30分  野中温泉ユース着 エ01562-9-7454

   

2日目  7月25日(木)

山に登り,山を知る

野中温泉登山口〜西山〜雌阿寒岳山頂(ポンマチネシリ)〜 阿寒富士〜オンネトー登山口〜湯の滝

 午前8時30分出発
stop 1.ポンマチネシリ下部溶岩の溶岩末端崖
stop 2.西山玄武岩質火山(溶結火砕岩・溶岩・降下スコリア層)
stop 3.ポンマチネシリ上部溶岩(北山溶岩)の表面地形
stop 4.ポンマチネシリ上部溶岩の溶結火砕岩
stop 5.雌阿寒岳山頂(ポンマチネシリ)からの眺望
阿寒富士・ポンマチネシリ火口・中マチネシリ火口ほか

stop 6.ポンマチネシリ火口とその噴出物
stop 7.(オプション)阿寒富士
午後2時 下山
stop 8.湯の滝へ

stop 9.雄阿寒岳の玄武岩質安山岩溶岩
移動- 雄阿寒岳〜弟子屈町へ
   午後6時30分  KKR大鵬荘  エ01548-2-2049 

3日目  7月26日(金)

大規模火砕流と降下テフラを知る
−屈斜路カルデラを作った噴出物−
屈斜路カルデラ 屈斜路火砕流堆積物

−後カルデラ火山−
アトサヌプリ火山と摩周火山
火山噴出物の積み重なりからその火山の歴史を知る
−摩周火山の生い立ち−
摩周 火砕流堆積物 降下軽石層

 午前8時30分出発
stop 1.上標津の土取り場 -摩周火山テフラと屈斜路火砕流-

stop 2.摩周火砕流 弟子屈町

stop 3.摩周湖展望台 -摩周カルデラ-

stop 4.硫黄山(アトサヌプリ) -デイサイト溶岩とイオウ昇華物-

  午後3時ごろ終了 
     午後8時   旭川着 解散 


和田研究室ホームページに戻る