第9回は,[クラリス・ワークスで図形と絵を描く]

クラリスワークスのドロー・ペイントのテキスト
(浅川先生のオンラインテキストへリンク)


ソフトは,「クラリス・ワークス」を使うよ。

これには,「ドロー」と「ペイント」の2種類の作画機能がある。

「ドロー」は,幾何学図形を描くのに適していて,設計図や作図に使う。
「ペイント」は,フリーハンドで自由に絵を描くときに使う。画面上のドットの集合として表示されるので拡大すると荒くなります。


****今日の課題****

1.「ドロー」で,以下のどれか選んでロゴマークを作ってみよう。
フロッピーディスクに,ファイル形式を「PICT」にして保存すること。
 ・自分のマーク ・旭川校のマーク ・夏のマーク ・大雪山のマーク ・その他なんでも

2.「ペイント」で,以下のどれか選んで絵を描いてみよう。
フロッピーディスクに,ファイル形式を「PICT」にして保存すること。
・自分の似顔絵 ・旭川校の中の構内や授業など一風景 ・夏 ・大雪山 ・その他なんでも