第8回・第9回 地球温暖化問題をWeb情報から考える


-問題提起-
地球温暖化は果たして確実に起きているのか?ほんとに温室効果ガスが関与しているのか?科学的な根拠が不十分ではないのか?

1.
温暖化は長期的な自然の気候変動に過ぎず,人為的な温室効果ガスの排出の結果とは考えにくい。
2.「人類が誕生した500万年前くらいから氷河期に入った。現在は,一瞬の小春日和。つかの間の間氷期。でも基本的には氷河期で,いつ寒冷化するか,それが問題。ところが,いまみんなが問題にしているのは温暖化だ。暖かくなるっていうのは「良い」ことだ。寒くなると,膨大なエネルギーが必要になる。それは,過去のデータを見ると歴然としているんです。」


テーマ 
上記の問題提起に対して,「地球温暖化は,温室効果ガスの排出増加によって確実に起きている現実であり,地球環境に多大な影響を与える」という現在の趨勢を,具体的な数値,それに基づく図やグラフを駆使し,科学的な根拠を示して,レポートせよ。
上記の反論のほうが,結果的に正しいとなったら,そのことを同様にレポートせよ。

アプローチ
地球温暖化に関するWebサイトから情報を入手しよう。

できるだけ多くのサイトをあたる。有用なサイトもあれば,中身がないサイトもある。
日本のWebサイトだけでは情報不足。外国のWebサイトも訪ねよう。


 (インターネットからの情報は手軽で有益な情報が得られると思いがちだが,時として徒労に終わることがあり,間違いが多いことや真に重要なものがないことがあるので注意が必要だ。現時点ではまだ発展途上と言える。活字になって評価されたものと合わせて見るようにしたい。しかし,手っ取り早く調べたい時にはきわめて役に立つ。)

学術雑誌に掲載されている論文や専門の書物からも調べよう。
これらの情報を得て,自分の頭で考えて,論理を組み立てて,レポートにまとめ上げる。



1  地球温暖化に関するWebサイトの評価をしよう。
  
自分の判断で地球温暖化Webサイトのランキングをつけてみよう。コメントをつけて,星マークの数で示すなど一目でわかるような工夫をしよう。


 (例) 
Amazon.co.jp …Amazon.comが日本上陸(http://www.amazon.co.jp/)
  Amazon.comが日本版を開始した。一部の洋書も日本円で扱っており,値段もやはり比較的安い。本国のサイトに注文するよりも早く届くというメリットがある。


2 レポートを「Microsoft Word」でまとめる。
  
図表の挿入,その大きさにも注意を払い,きれいな仕上がり・レイアウトにする。
  ある意味で,美的センスが問われる。
  レポートにホームページの丸写し・全体的コピーは厳禁。引用を明らかにする。自分なりにまとめる。
  4ページ以上10ページ以内。


3 文献の一覧表をつくる。
  
さらに,単行本や論文(学術雑誌)も調べる。もちろん,レポート内容を深めるためだ。
  どんな本や雑誌をサーチしたか,一覧表にして示す。


** 提出 **
6月27日(水)までに
,レポート・Webサイト評価一覧・文献一覧をそれぞれファイルにしてフロッピーディスクに納め,それを提出すること。フロッピーディスク渡し
CDやMOディスク・Zipディスクで提出してもかまわない。あるいは,それらのファイルを添付した電子メールで送信してもOK。