自然環境実習(地学実習分)

実施要領2000 

7月27日(木)地学実習(大雪山の生い立ちを知る:火山地形と地質・火山噴出物)
コース:旭岳温泉駅-(ロープウェー)-姿見駅-裾合平-中岳-間宮岳-熊ヶ岳-旭岳-姿見駅-(ロープウェー)-旭岳温泉駅  
8時 施設出発
8時半のロープウェー。
9時 姿見駅。旭岳溶岩,土石流堆積物,爆裂火口。
10時 裾合平。裾合平溶岩,中岳溶岩,温泉,安足間岳火山地形,お鉢平火砕流。
12時 中岳分岐。お鉢平カルデラ,お鉢平火砕流,サージ,溶岩ドーム地形。
12時半 間宮岳。熊ヶ岳降下スコリア,火口,旭岳降下スコリア。
14時 旭岳。馬蹄形火口,大雪山火山地形,旭岳降下スコリア,噴気活動。
15時半 姿見駅。
16時 施設到着。
(休憩・夕食・入浴)
22時 レポート提出締め切り

天気の状況によって,コースを変更する。曇りの場合,中岳分岐まで等。
悪天候の場合,
施設内で大雪山と自然保護などの勉強会。

7月28日(金)地学実習(大雪山および東川地域の地質・岩石実習)
9時 大雪山の岩石。
10時 掃除・後かたづけ
11時 大学バス。
駒止滝(旭岳地形),ガマ岩(旭岳溶岩),大岩(お鉢平火砕流)
,天人峡(お鉢平火砕流),ノカナン(旭岳溶岩),忠別ダム,志比内(美瑛火砕流)
16時 大学。フィールドノート回収。

事前購入品
フィールドノート(コクヨ),地形図


 旭岳南西山腹,地獄沢付近

 旭岳西山腹,安山岩溶岩,溶岩堤防,岩石組織の観察

 お鉢平カルデラ,「火砕流」班の発表

 間宮岳山頂,カルデラ壁

 旭岳(2290m)山頂

 旭岳西,降下スコリア層,「噴火」班の発表