鏡下における主な造岩鉱物の特徴と鑑定法 

ver.1

1 カンラン石(olivine)

化学組成

(Mg,Fe)2SiO4. forsterite(略号Fo)とfayalite(Fa)との固溶体.olivineの組成は,一般にFo80のようにFo成分のモル%で表す.

結晶系と構造

斜方晶系.ネソ珪酸塩.

光学的性質と特徴

一般に無色.屈折率もバイレフリンゼンスも高い.自形の時はC軸方向にとがった形をとる.半自形から他形結晶が多い.劈開はほとんど見られず,不規則な割れ目があり,それに沿って変質していることが多い.変質生成物は,蛇紋(serpentine),緑泥石(chlorite)や赤褐色のイデイングス石(iddingsite)などである.

 

2 斜方輝石(orthopyroxene )

化学組成

(Mg,Fe)SiO3. enstatite(略号En)とferrosilite(Fs)との固溶体で,少量のCa, Al, Mnなどを含む.一般にEn>90をエンスタタイト(enstatite),En90-80を古銅輝石(bronzite),En80-50を紫蘇輝石(hypersthene)と呼ぶ.

結晶系と構造

斜方晶系.イノ珪酸塩.

光学的性質と特徴

enstatiteに近いものは無色.hyperstheneには淡緑色〜淡赤色の弱い多色性があり,Feが多く含まれるものは多色性が強くなる.屈折率が高いわりにバイレフリンゼンスが低い.一般に直消光する.双晶はまれである.形はC軸方向に伸張した柱状結晶が多い.鑑定のポイントは多色性と直消光と低い干渉色である.

                    

3 オージャイト(普通輝石)augite )

化学組成

Ca(Mg,Fe)Si2O6. 組成範囲は広く,少量のTi, Al, Fe3+, Mn, Naなどを含む.

結晶系と構造

単斜晶系.イノ珪酸塩.

光学的性質と特徴

斜方輝石に較べてバイレフリンゼンスが高く,斜消光する.双晶はふつうに見られる.形はC軸方向に伸張した短柱状結晶が多く,その断面は四角形か八角形である.微斑晶では,セクター構造を示すものが多く,砂時計状に累帯する.

4 斜長石(plagioclase )

化学組成

(Ca, Na) (Si, Al)4O8. アノーサイト(anorthite)(CaAl2Si2O8, An)とアルバイト(albite)(NaAlSi3O8, Ab)との固溶体.斜長石の組成はAn60のように表す.これはアノーサイト成分60%,アルバイト成分40%からなるという意味である.

結晶系と構造

三斜晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色で屈折率が低い.albiteのそれは薄片の接着剤の屈折率よりも低いため沈んで見える.バイレフリンゼンスが低く,干渉色は灰色〜淡黄色である.薄片の厚さにもよるがアノーサイト成分が高い斜長石は淡黄色に見える.双晶はふつうに見られる.著しい累帯構造を示す.

5 シリカ鉱物(silica minerals)

化学組成がSiO2である鉱物グループ

A)石英(quartz

結晶系と構造

六方晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色で屈折率が薄片の接着剤の屈折率よりもわずかに高い.バイレフリンゼンスが低く灰色.変質を受けない.融食形のもの見られる.双晶は見られない.しばしば波状消光(累帯構造とは異なる)を示す.

Bトリディマイトtridymite

結晶系と構造

六方晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色で屈折率が薄片の接着剤の屈折率よりも低い.非常に弱いバイレフリンゼンスを示す.上方ポーラーで,しばしばくさび状の双晶が見られる.火山岩の石基に産する.

Cクリストバライトcristobalite

結晶系と構造

正方晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色で屈折率が薄片の接着剤の屈折率よりも低い.弱いバイレフリンゼンスを示す.鳥肌状に見える.上方ポーラーでは屋根瓦状の模様をしめす.しばしばくさび状の双晶が見られる.火山岩の石基に産する.

6 アルカリ長石(alkali feldspar)

カリ長石(KAlSi3O8, 略号Or)とアルバイト(NaAlSi3O8, 略号Ab)を端成分とする固溶体で (K, Na)AlSi3O8と表される.

A)正長石(orthoclase

組成範囲は Or100〜Or70Ab30

結晶系と構造

単斜晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色だがわずかに変質して曇ってみえることが多い.カルスバト双晶を示すことが多い.かこう岩に含まれる.パーサイト構造(葉片状のアルバイトを多数含む組織)を示すことがある.

Bサニディンsanidine

組成範囲は Or100〜Or45Ab55

結晶系と構造

単斜晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色で,正長石と異なり澄んで見える.カルスバト双晶がふつうに見られる.屈折率が薄片の接着剤の屈折率よりも低い.流紋岩や粗面岩などの火山岩に含まれることが多い.

Cマイクロクリン(microcline

組成範囲は Or100〜Or80Ab20

結晶系と構造

単斜晶系.テクト珪酸塩.

光学的性質と特徴

無色だが曇ってみえることが多い.一般に細かい双晶が直交して発達している.上方ポーラーでは格子状の模様に見える.

7 ホルンブレンド(普通角閃石)(hornblende )

化学組成

複雑な組成の固溶体.(Si, Al)8O22(OH)2とMg, Fe2+, Ca, Fe3+, Al, Naが結びつく.

結晶系と構造

単斜晶系.イノ珪酸塩(複鎖構造).

光学的性質と特徴

多色性が強い.Z方向の色は青緑色ないし緑色・褐色で組成によって変化する.青緑色ホルンブレンドは低度変成岩に,緑色ないし褐色ホルンブレンドは,火成岩や中・高度変成岩に産する.2方向の劈開が見られる結晶では124゜で交わる.

火山岩中のホルンブレンドはしばしば酸化し,縁が鉄鉱物に囲まれたり,酸化ホルンブレンドになって黄色〜暗赤褐色の強い多色性を示す.ホルンブレンドが結晶した後,マグマの脱水などで不安定になりその結果分解して,斜長石や輝石・鉄鉱物の細粒集合物となることがある.

8 黒雲母(biotite )

化学組成

複雑な組成の固溶体.K2 (Mg, Fe2+, Al) 6-5 (Si, Al)8O20 (OH)4

結晶系と構造

単斜晶系.フィロ珪酸塩.

光学的性質と特徴

切断方向によって,劈開線がはっきり見える場合と全く見えない場合がある.

劈開線がよく見える方向に切られた結晶では,劈開線に対して直消光し,多色性が強く,劈開線の方向が下方ポーラーの振動方向とほぼ一致すると色が濃くなり,それと垂直のとき薄くなる.

劈開面にほとんど平行な結晶では,劈開線は見えず,多色性はなくて一様に濃い色をしめす.

かこう岩中の黒雲母は,放射性元素を含むジルコンなどの鉱物を包有することがあり,その場合,それらの周囲に多色性ハロという黒ずんだ部分に変色している.

黒雲母は多くの場合,薄片では褐色であるが,Fe2+を多く含む結晶は緑色になる.


和田研究室ホームページに戻る